血圧とごまと熱中症について

暑い気温の環境で引き起こる健康被害が、熱中症の総称です。熱中症は、いくつかの種類に分類されています。熱中症の熱湿疹が、一時的な湿疹やめまい、顔面蒼白の症状ができます。皮膚血管拡張により血圧が下がり、脳の血流が少なくなってしまうので症状が引き起こります。たくさん汗をかいて水をたくさん飲んだ時に起こりやすいのは、熱けいれんの症状です。水分のみを補給しますから、血液のナトリウムが低下してしまう、筋肉に痛みを感じつつ痙攣を起こします。足がつったり、筋肉痛を引き起こします。

生活習慣病対策には、優れたごまの効能を生かしましょう。ごまを摂取することで、高血圧を予防するのにも役立ちます。高血圧は健康診断で伝えられても、それほど重要に感じないかもしれません。しかしサイレントキラーと呼ばれており、心筋梗塞や脳卒中の要因となるので油断はできません。高血圧の原因となるのはとても身近なことばかりですから、これまでの生活での不摂生が形になって現れてきたとも言えます。食生活がぼろぼろだったり、運送は全くしないとか、肥満体型で過食気味や、タバコをかなり吸っているのも体には大きな負担です。

ごまには種類があって、そのなかで生薬となるのは黒ごまです。むかしから長寿効果がありますし、良質の脂質を豊富に含んでいます。それはオレイン酸やリノール酸であり、体内のコレステロール除去の作用を持っています。善玉コレステロールはそのままで、悪玉コレステロールのみを除去するのが、オレイン酸のパワーです。こうしてごまは、高血圧への高い効果を発揮していくことになります。食事に適量のごまを、日々のメニューにトッピングしてみましょう。亜鉛やカルシウム、ミネラルなども豊富です。