高血圧の人が麻酔を使用する際の心臓への負担

何か大きな病気になって手術が必要となった時、常に血圧が高い人は正常な人に比べ高いリスクが伴います。
大きな手術の場合、全身麻酔が使用されます。麻酔薬には血管を拡張される作用がありまりますが、それにより血圧が低下します。手術中には大量な出血等が起こる事もありますが、そうなった場合には、更に低下する恐れがあり、一定以上に低下すると脳や心臓への血液の流れが悪くなります。さらにこの状態が長く続けば様々な臓器の損傷にもつながります。
このように正常な場合でも麻酔薬を使用する事には様々なリスクが伴います。
更に高血圧の人の場合には、血管拡張作用により低下する血圧の下げ幅が通常の人よりも多くなります。変動が激しいと体の隅々まで血液が流れなくなる為、脳や心臓等様々な臓器への血流量が低下します。それによって脳梗塞や心筋梗塞等が起こる可能性が正常な人よりも高くなります。
そして手術が終了し麻酔が切れると、今度は拡張作用による低下がなくなるため、一気に上昇する可能性があります。動脈硬化等がなく血管の弾力が保たれている人にはそれほど問題がありませんが、高血圧等で動脈硬化がある人の場合には、急激な上昇がおこる可能性があります。異常に高い血圧は脳出血等の頭蓋内出血のリスクも上がりますし、心臓の場合は急激な上昇に耐えられず心不全がおこる可能性もあり非常に高いリスクが伴います。
このように高血圧の人は、普段からの様々なリスクに加え病気になり手術等の治療が必要となった場合にも、正常な人に比べ高いリスクを負う事になります。
健康で生活していく為には、塩分を控える等普段からの食生活に気を付けて高血圧にならないようにするのが大切です。